精力剤にも偽物と本物がある?特徴や成分に違いがあるの?

精力剤にも偽物があるってホント?

精力剤にも偽物があるってホント?

結論から先に書くと精力剤にも偽物はあります。むしろ精力剤は他の商品と比較しても偽物率が高いカテゴリーの商品といっていいでしょう。

なぜか、その答えは単純でこの手の「夜のアイテム」は他の商品と比較して他の人に購入していること、使用していることを知られたくないという人が多いからです。

たとえば女性が消費生活センターに「通販で化粧品を購入したけど偽物で使い物にならなかった」と相談することは難しくありません。

しかしこれが「通販で購入したバイブが全然使い物にならない不良品だった」という場合はどうでしょう?

購入価格や本人の性格にもよりますが、ほとんどの女性が不良品の補償を受け、業者にペナルティを与えることよりも第三者に自分がバイブを購入したことがバレない選択を選ぶのではないのでしょうか?

悪徳業者たちはこうした人間心理につけこんで他人に言いにくい商品の不良品や贋作を販売しているのです。こんな話を聞くとトラブルが怖くなる人もいるかもしれません。

しかしこうした業者に騙されてしまってもそこまで心配する必要はありません。強気な態度で返金と謝罪を要求すれば大抵の業者はこれに応じます。

悪徳業者なのにこちらの要求を聞き入れるのかと不思議に思う人もいるでしょうが、悪徳業者だからこそ要求に応じるのです。

彼らにとって最悪のケースは購入した人が消費生活センターなどの連絡して警察が動き始めることです。たかだか数万にも満たない金額のために逮捕や行政処分を受けては割に合わないので、警察に相談する態度を見せれば損得勘定をして、すぐに返金してきます。

それでもこちらを舐めて返金に応じないようならば脅しでなく本当に警察に連絡すればいいだけです。「警察の人に精力剤買ったことバレたら恥ずかしい」という考えは無用です。

警察官にとってこの手のトラブルは日常茶飯事ですし、被害者を物笑いにするような態度は彼らに許されていません。そんなことをしたらインターネット全盛の時代、いつSNSに書かれて炎上するか分かったものではないですからね。

とはいえ一番いいのは最初から紛い物を買わされないのがいいに決まっています。では具体的にどうすれば偽物を買わされずにすむのでしょうか?

偽物の多くはオークションサイトやマーケットプレイスなどの出品者の匿名性が高い場所で販売されています。安全に精力剤を購入したいのであれば、こうしたサイトを使った購入は避けてメーカーの公式サイトを利用することをおすすめします。